スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

METライブビューイング、ドニゼッティ『ロベルト・デヴェリュー』に興奮!

METライブビューイングのドニゼッティ『ロベルト・デヴェリュー』を観てきました。ヴェルディやプッチーニはともかく、普段あまりイタリアオペラを聴くことがないのですが、イングランド女王エリザベス1世が登場するテューダー朝三部作のラストと聞き、劇場に足を運んでみました。

物語はやはり三角関係。エリザベス1世(エリザベッタ)の寵臣、エセックス伯ロベルト・デヴェリューは、反逆の罪に問われ逮捕される。女王は、年下の情夫でもあるロベルトの有罪判決を渋るが、反逆以上に心変わりを疑い愛憎半ば。実はロベルトは、かつての恋人、今は親友ノッティンガム公爵の妻であり女王の侍女でもあるサラに思いを寄せていた。ノッティンガム公はロベルトの助命を嘆願し、女王はロベルトの心変わりに怒りながらも処刑に同意したくない。サラはロベルトに逃亡を勧め、彼に別れの記念にと刺繍のスカーフを渡すが、それを逃亡中に押収され二人の関係が露見。ノッティンガム公は友の裏切りに怒り、サラは無実を訴え、遂にロベルトは処刑され、女王は嘆き、とまあこんな筋です。

ソンドラ・ラドヴァノフスキーのエリザベッタ、エリーナ・ガランチャのサラ、マシュー・ポレンザーニのロベルト、マリウシュ・クヴィエチェンのノッティンガム公爵、この4人の強力なベルカント歌手がハイテンションでずっとやり合っているようなオペラで、『イル・トロヴァトーレ』並に熱い作品でした。でもドニゼッティだから深刻な場面でもドイツオペラのようにくすんだ陰鬱さはないのですね。基本は長調、ただただ強烈なベルカントの応酬でぐいぐい畳みかける。

歌手は歌唱も立派だが演技も見事でした。とりわけ女王のソンドラ・ラドヴァノフスキーが素晴らしい。女王は情夫の裏切りを憎み、彼を容易に処刑できる権力を持ちながら、彼を失うことを怖れる孤独な立場。この凄味と弱さを両面備えた激しい歌唱で、最後には権威も何も失ってボロボロになって譲位する。実にドラマティックです。ベルカントがこういう芝居でこれほど劇的効果を発揮するとは正直思っていませんでした。モダンな作品のようにドラマのリアリズムを追求するよりも、歌舞伎のような様式的な面白さを感じました。

マシュー・ポレンザーニは甘く強靭な美声で丁寧な表現をするテノール、エリザベッタとの掛け合いには興奮しました。ラトビア出身のメゾソプラノ、エリーナ・ガランチャはモデル並の美貌と共に太く深々とした声質による貫禄の歌唱が印象的で、もっと色々聴いてみたくなりました。マリウシュ・クヴィエチェンも力強い歌唱で性格的な演技も良かった。加えてメトのオケが優秀で、老練なイタリア人指揮者のマウリツィオ・ベニーニが煽る煽る。とても痛快な舞台でした。難曲だけにドニゼッティの中ではあまり上演機会のない作品で、私もこれまでタイトルすら知らず、メトでもなんとこれが初演だそうですが大傑作ですね。演出は劇中劇という形を取っており、美術・衣装は贅を尽くした壮麗なもので見応えがありました。DVD化が待たれます。

独房の中のイェヌーファ~新国立劇場『イェヌーファ』を観て

新国立劇場の『イェヌーファ』初日を観てきました。以下、感想メモです。演出に関してネタバレを含みますのでご了解ください。

***
ヤナーチェク:歌劇『イェヌーファ』
新国立劇場
2月28日(土) 14:00~
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/jenufa/
https://www.youtube.com/watch?v=jBLGP50bDh8&feature=youtu.be

クリストフ・ロイ演出の舞台装置はきわめて簡素である。冒頭、コステルニチカは看守に連れられ舞台に登場する。彼女は嬰児殺しの罪で逮捕され拘置されるところなのだ。そこは真っ白な壁に囲まれ、小さなテーブル以外何もない殺風景な空間。ドラマはその独房の中の彼女の回想から始まる。イェヌーファやブリヤ家のお祖母さんは、回想するコステルニチカの傍らに現れ、曲が始まる。

この真っ白で殺風景な空間は、多少のアレンジはあるが、全幕を通じて舞台を占める。それは寒村の因習的な閉塞感を表すと共に、登場人物間で共感できる背景を欠いていることを表しているのだろう。コステルニチカはイェヌーファを愛し、イェヌーファはシュテヴァを愛し、ラツァはイェヌーファを愛するが、それらは第3幕の最後でコステルニチカが告白するように相手への思いやりを欠いた身勝手な感情にすぎないのかもしれない。第2幕のコステルニチカの小屋では、出産したイェヌーファが隠され守られているのだが、精神病患者が監禁・隔離されているようにも見える。

ラストでイェヌーファとラツァは白い空間から抜け出して暗闇に向かっていく。これは閉塞からの脱出という点では希望だが、やはり背景を欠いた黒。二人の将来に共感や希望があるのかは不明だ。これは観客に安易な情緒的解決を与えない、辛口の演出と言えるだろう。

この演出はベルリンドイツオペラにおける上演がDVDになっている。主要なキャストも今回の新国の上演とほぼ重なる。このDVDは、グラミー賞にもノミネートされ評論家の評価はとても高いようだ。私もこれを観て今回の上演に臨んだ。

率直に言って、私はこの演出には当初かなり抵抗感があった。衣装は現代風だが奇妙な読替を行っていないので、ドラマの本筋を外れたものではない。とは言え、舞台セットがあまりにシンプルなので演出家の意図は汲めるが、視覚的に単調に思われた。『イェヌーファ』が本来持つ地方色を容赦なく切り落とした演出は、作品本来の味わいを減じているように思えた。『蝶々夫人』が日本という文脈から離れられないように、『イェヌーファ』もモラヴィアの民俗性から離れて欲しくないと思った。そんなモヤモヤを抱えながら、新国の上演に臨んだ。

結果、素晴らしく感動的な上演だったと思う。
2幕くらいから胸が詰まって、ただただ鼻水を垂らしながら泣いていた。DVDの印象とどこが違うのか。それは、チェコ人指揮者トーマス・ハヌスの解釈がこの作品本来の演劇性を強化し、辛口の演出と相乗したことによる。

ヤナーチェクのオーケストレーションは独特の響きがする。CDで耳に馴染んだ作品もライヴで聴くと意外な発見が多い。今回もそうだったが、特にハヌスはチェコ語が母国語だけあってオケと言葉との絡みが優れていたように思う。ヤナーチェクのオペラは、朗々としたアリアや二重唱の旋律で聴かせるわけでも、分厚く雄弁なオケの響きで聴かせるわけでもない。ポツンと心情を吐露した短い一言にこそヤナーチェクの音楽の醍醐味がある。オケの響きはむしろ薄く、旋律的な流れとは異なる表現的な音型が混じる。「私の心は復讐に燃えている」とか「恋心に胸が張り裂けそう」というようなドラマチックな文句ではなく、「私はお前に賭けていたのに」「人生ってこんなものだとは思わなかった」「小さい頃からあいつばかり可愛がって」というような言葉が胸に迫ってくるのが『イェヌーファ』の魅力だ。美しい旋律が多いがほとんどは短く、情緒的気分を引きずらない。音楽に詞が付いているというより、台詞に節がついている風だ。ハヌスはそんなヤナーチェクの特徴を熟知しスコアを読みこんでいるように思えた。並の指揮者なら何気なく通りすぎる一節もテンポを落として丁寧にオケと噛み合わせる。そうすると繰り返される表現的な音型が浮き立って心理的効果を生む。そして随所で、たっぷりと沈黙の間をとる。その間の後、無伴奏で歌が入る箇所が多いが、何とドラマに真実味がこもっていたことか。それは簡素な舞台だからこそモダンな表現として活きるところも多々あった。東京交響楽団は、ヤナーチェクの主要作品をセミステージ形式で上演した実績があるだけにツボを押さえた優れた演奏で、第2幕におけるヴァイオリンソロも美しかった。

歌手は総じて大変良かった。DVDで観たベルリンドイツオペラの上演よりずっと良い出来だった。ベルリンの上演では、オケと言葉の絡みに若干齟齬があったため、実力派の歌手達はもっと語って欲しいところまで歌詞として歌い過ぎていた。そこがどうも不満だった。今回の上演では、言葉が上手くはまっていて、言葉と結びついた演技も光る。

タイトルロールのミヒャエラ・カウネは、イェヌーファの精神的成長をよく表現していた。第1幕では若い娘らしい浮薄さと共に継母譲りの思慮も備えている。第2幕では不安定なシングルマザー。第3幕では苦難を受け止めながら他者に赦しを与える存在。そういうフラットではない女性像を柔らかく丸みのある声で丁寧に歌い、語り、演じていた。ベニャチコヴァーやマッティラと共に重要なイェヌーファ歌手だと思う。

ラツァ役のヴィル・ハルトマンも、第1幕は嫉妬に駆られた捻くれ者だが、2幕以降は罪を悔いイェヌーファに献身する男を好演し、特にイェヌーファとの対話の場面で彼女に語り掛ける柔らかい歌唱が感動的だった。

コステルニチカ役のジェニファー・ラーモアはパワフルな歌手だが、DVDでは歌い過ぎていてやや平板に思われた。だが今回の上演では、硬直した役柄が上手くオケの響きにはまって歌唱にならない台詞のような部分(例えば第2幕の幕切れ「死神が覗き込んでいるよう!」等)の表現にも凄味があった。

シュテヴァ役のジャンルカ・ザンピーエーリは、「ゲスの極み」な「チャラ男」を好演してキャラ立ちしていた。同じテノールのラツァと好対照で声質にも楽天的な甘さがあり良かった。

そして流石に貫禄だったのは、ブリヤ家の御祖母さんを歌った72歳の名歌手ハンナ・シュヴァルツ。端役なのだが、深い響くメゾソプラノの存在感に驚いた。

日本人歌手も皆、好演しており、村長(志村文彦)やカロルカ(針生美智子)が印象に残った。合唱も優れており、特に群衆としての活き活きとした動きが見事だったと思う。

***

今回、ヤナーチェク作品を取り上げ、プレイベントまで開催して下さった新国立劇場のスタッフの皆様には心から感謝いたします。おかげさまで、今回の上演に合わせ当会の対訳解説書を増補改訂の上で出版することができました。今後も我が国でヤナーチェク作品が上演されることを強く期待します。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

2015年のディスク10+1選

新年おめでとうございます。
今年も本サイトをよろしくお願いいたします。

さて、以下は毎年恒例で綴っている昨年に聴いたCD・DVDの私的十選です。順不同。昨年発売のものに限らず旧録音も含んでいます。

昨年のキーワードは、
「FMラジオとツイッター」
「古楽三昧とルイ14世没後300年」
「札響新時代」
「新たな才能」
といったところでしょうか。

昨年は、毎朝、NHKFM「古楽の楽しみ」を聴くのが習慣になり、ツイッターしながらラジオに親しむことが増え、古楽三昧の年でした。そのおかげで例年になく未知の作品や演奏家との出会いが多かったように思えます。ワーナーの古楽廉価盤シリーズ「オリジナーレ」にも随分お世話になりました。

アニヴァーサリー関連では何と言ってもルイ14世没後300年で、関根敏子先生が案内された特集もありフランスバロックに浸り、この時代の音楽を周辺まで俯瞰出来たのは収穫でした。また、今更ながらレオンハルトの偉大さを想い、ジョン・タヴァナーの神秘的なポリフォニーに夢中になりました。

そして、ライプツィヒの巨匠マックス・ポンマーが首席指揮者に就任した札幌交響楽団の定期演奏会が毎回大変に充実した内容で、エリシュカ円熟のブラームス・チクルスは素晴らしいものでしたし、指揮者としてのハインツ・ホリガーに驚嘆しました(札響では未完成とオケコンを指揮)。

新たな才能としては、チェンバロの鬼才ジャン・ロンドーのデビュー盤をヘビロテし、ロシアのピアニスト、オルガ・シェプスの落ち着いたピアニズムにも魅せられました。

番外はやはり、きゃりーぱみゅぱみゅ。原点回帰を謳った一昨年末のアリーナライヴは彼女の総決算で、副音声の対談がクリエイティブでとても面白かった。そして、これまでの「歪んだ少女性」から脱皮した全国ホールツアー「Crazy Party Night 2015」がまた見事で2度行きました。

1.ハプスブルク帝国の近世音楽史~歴代皇帝の音楽, 諸民族の音楽~
グナール・レツボール(vn)指揮、アルス・アンティクヮ・アウストリア(10CD)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00PTAU04C/

2.モンテヴェルディ:マドリガーレ集~マントヴァ 
ポール・アグニュー指揮、レザール・フロリサン
http://www.hmv.co.jp/product/detail/6095685

3.バッハ:モテット集
ペーター・コーイ指揮、声楽アンサンブル「セッテ・ヴォーチ」
http://www.amazon.co.jp/dp/B002USOVWI/

4.夜のコンセール・ロワイヤル~ルイ14世による『夜の王のバレ』再構築版
セバスティアン・ドセ指揮、アンサンブル・コレスポンダンス(2CD)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/6622162

5.タヴァナー:『いばらの冠のミサ』 
ピーター・フィリップス&タリス・スコラーズ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/6608904

6.Tribute to Gustav Leonhardt: the Last Recordings (5CD)
http://www.amazon.co.jp/dp/B007NM8DB6/

7.イマジン~J.S.バッハ:チェンバロ作品集
 ジャン・ロンドー(チェンバロ)
http://tower.jp/article/feature_item/2014/11/17/1101

8.シューベルト作品集
オルガ・シェプス(ピアノ)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00888EOB2/

9.ブラームス : 交響曲 第2番、モーツァルト : 交響曲 第38番 「プラハ」、ウェーバー :「魔弾の射手」
 ラドミル・エリシュカ指揮、札幌交響楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B00ZBQ6FV6/

10.シューマン : 交響曲 第1番、第4番 (1841年原典版)  
 ハインツ・ホリガー 指揮、ケルンWDR交響楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B00ELVVC6U/

【番外】
KPP 2014 JAPAN ARENA TOUR きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX (DVD)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00VHC8RK0/

2016CDBEST

歌劇『イェヌーファ』対訳解説書 増補改訂版刊行

先月末、ヤナーチェクのオペラ『イェヌーファ』の対訳解説書 増補改訂版を刊行しました。

日本ヤナーチェク友の会編
ヤナーチェク 歌劇『イェヌーファ』 対訳と解説  増補改訂版

jenufa増補改訂


本書は、当会サイトの注文フォームによりネット販売している他、以下の店頭でも取り扱っています。

古賀書店(東京 神保町)
http://jimbou.info/town/ab/ab0059.html

アカデミアミュージック(東京 本郷)
https://www.academia-music.com/

新国立劇場 売店(東京 初台)
http://www.nntt.jac.go.jp/

なお、限定出版のため一般の書店やAmazonでは販売していません。


昨年5月に『シャールカ・物語の始まり』対訳解説書を刊行し、これでヤナーチェクの全声楽作品の対訳解説書が揃ったと安心した矢先、『イェヌーファ』対訳解説書が売り切れてしまいました。『イェヌーファ』はヤナーチェクのオペラ作品の中でも最も基本的な演目であるため、この作品については常備しておくべきと判断し、今回、増補改訂版を3000部刊行しました。折しも今年2月から新国立劇場にてクリストフ・ロイ演出により本作品が5公演予定されており、復刊の要望が強まっていたところです。

ご好評いただいていた既刊(改訂新版2001年)は当会の対訳解説シリーズの中でも初期のもので、若干の改善点が残っていたため、今回、当会顧問のチェコ文化研究家、関根日出男先生の監修により全面的に内容をチェックするとともに、新たに解説を2本、付録を2本加え、譜例や図表も充実させました。これにより、この傑作を楽しむ上で長く活用できる内容になったと自負しています。

86歳になられた関根先生は昨年5月に赤坂で半世紀にわたり開業されていた耳鼻科医院を閉じ、自宅で悠々自適の生活を過ごしておられます。今も変わらずお元気で、今回は驚くほど精力的に改訂作業に取り組んで下さいました。改めて感謝いたします。

『古楽の楽しみ』の楽しみ

当会によるヤナーチェクのオペラ対訳解説書が完結してちょっと一段落した感がある。素人のオタクに過ぎない私が乗りかかった船で、多くの方々の助けを得ながらこれまでなんとか幹事として「友の会」を続けてきたが、先日、これで一旦、会の活動を小休止したい旨、会員の皆様に手紙を書いた。この先は未定だが、ヤナーチェキアンの寄合所である会がなくなることはない。ただ、当面、私は一介のぱみゅらーとして平穏な日々を過ごしたいと思っていたところだ。

もうガツガツとCDを蒐集する齢でもあるまい、と半ば隠居気分で乱雑に積み重なった本やCDの山を整理していた。そんな折に聴きはじめたのがNHKFMの朝の番組『古楽の楽しみ』だ。

そもそも私が古楽にはまったきっかけは、『古楽の楽しみ』の前の番組、『朝のバロック』だった。10代の頃、新譜紹介として放送されたカンプラのレクイエム(ガーディナー盤)に魅せられたのが始まり。小学校でバッハが「音楽の父」と教わっていたせいか、何となくクラシックはバッハから始まるような感覚だったので、バッハ以前にこんなに素敵な音楽があるのかと酷く驚いた覚えがある。以来、多感な10代はデラーやPCA、マンロウなどをLPで聴き漁ったり、『朝バロ』をエアチェックをするなどして過ごしてきた。なにしろ「音楽史」のレコードは廉価盤が妙に充実していたので若年者に優しかった。そんな訳で私の古楽歴は、チェコ音楽歴、ヤナーチェク歴よりも実はずっと長い。

だから、再びFMを聴きはじめたのは、加齢に伴う早朝覚醒を紛らわせるとともに、退行的な郷愁もある。そして久しぶりに古楽をラジオで聴いてみると改めて面白いことが分かった。

お目当ての音楽を聴くというのも良いのだが、放送の流れに任せて聴くというのも肩の力が抜け、新鮮な喜びがあってよい。これがロマン派の音楽ならちょっと重いかもしれないが、古楽だと自然に空気に馴染む。

以下、『古楽の楽しみ』の魅力を挙げてみよう。

1.時間帯、分量が良い
平日6時から55分の番組だ。毎朝、この時間に目覚める方は多いだろう。朝からシューマンやマーラーを聴かされては堪らないが、古楽の音が醸し出す空気は爽やかな朝の気分に馴染んで、一日の自然なスタートを促してくれる。

考えてみればクラシックの中でも古楽は古典派以降のモダンな音楽と毛色が違うように思える。それは無論、古楽器と古楽奏法によるのだが、音響への美意識がモダンとはそもそも異なるように思える。大雑把な印象だが、モダンなクラシックは、声は大きく、情感は生々しく、響きはみっしりと厚く耳に残る。これらは午後か夜に楽しむべき音楽で、朝ならば胃もたれがする。一方、古楽ならば響きは軽く、感覚美が強いように思われる。だから、ずっと付き合い易く、じっくり聴いてもよいし、朝の支度をしながら聴いてもよい。途中から聴いても楽しめる。だが薄味なわけではない。個々の曲が5~10分ほどで、55分の放送。この枠が長すぎず短すぎず心地よい。

2.プログラムと案内者が良い
月曜から木曜までがその週の特集で、金曜がリクエストによるアラカルトとなっている。特集は「〇〇とその周辺の音楽」や「〇〇の魅力」というようなタイトルが多く、一人の作曲家に限らない包括的、俯瞰的な内容になっている。ご案内下さる先生方の解説は簡にして要を得たもので、控えめな口調だが、言葉の端々に企画・選曲への拘りが滲みニヤリとさせられる。例えばここ2か月の特集は次のようなものだ。タイトルだけ見ても心躍らないだろうか。

・ストラデルラとその周辺の作曲家たち /今谷和徳
・モーツァルトが訪れた頃のフランスの音楽  /関根敏子
・イギリス・バロック音楽を輝かせた天才パーセルの音楽 /礒山雅
・フレスコバルディとその周辺の作曲家たち /今谷和徳
・ルイ14世のおい フィリップ・ドルレアンにまつわる音楽 /関根敏子
・古楽としてのハイドン /礒山雅

「周辺」といっても亜流でも中途の過程でもない魅力的な作品に触れるに、とびとびのビックネームで把握してきた音楽史の線がつながるから楽しい。キーマンを手掛かりに音楽史への興味が広がっていく喜びがある。

3.リスナーが良い
ツイッターで #古楽の楽しみ を検索すると、朝から多くの古楽ファンが集い、囀っている。ニコ動の実況さながらだ。古楽について話が合う方はクラシック好きの中でもそう多くはないので嬉しくなる。そうした「古楽の民」をホストのように纏めて下さっているのが、タイコウ様こと「つらつらたまさか」氏だ。氏の古楽への深い造詣と愛情、寛大なる茶目っ気には感服してしまう。集まっている皆さんには、楽器に親しみ、語学に堪能な方も多い。そしてなにより各々の古楽への偏愛ぶりが面白い。チェンバロ好き、イタリア・バロック好き、歌好き、笛好き等々。浅学非才な身だが、たまに混ぜていただいている。

先日はちょっとした椿事があった。女子サッカーの中継放送のため予定の番組が休止されてしまったのだ。それに伴いネット上で『偽古楽の楽しみ』がタイコウ様によって企画された。このツイッターラインはまとめられているが大傑作だ。

「偽古楽の楽しみ」 2015年6月17日

一つだけ悩ましいのは、これまで知らなかった作品、作曲家、演奏家との出会いから、そろそろ自重しようとしていた「ポチット」の誘惑に駆られがちなことだ。古楽研究も古楽演奏も進化しているのだから、知られざる沃野は日々開拓が進んでいるように思われる。おかげで毎朝『古楽の楽しみ』から目ではなく耳が離せないのだ。


追記:
NHKには23時くらいからの再放送をお願いしたい。
プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。