スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maestoro チッコリーニ来たる!

「マエストロ」は音楽家の一般的な敬称に用いられているが、本来の意味はもっと重い。84歳のピアニスト、アルド・チッコリーニは、到達した芸の高みと人間的な風格からいって疑いなく現代最高のマエストロと言えるだろう。

そのマエストロ、チッコリーニが、3月に待望の来日公演を行う。

チッコリーニ

●ジ・アート・オブ・アルド・チッコリーニ
◎第1夜:リサイタル

・日時:2010年03月14日(日) 開演:15:00 =リサイタル
・会場:すみだトリフォニーホール
・曲目:シューベルト/ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調D.960
     ムソルグスキー/組曲≪展覧会の絵≫

◎第2夜:協奏曲
・日時:2010年03月16日(火) 開演:19:00
・会場:すみだトリフォニーホール
・ 出演:アルド・チッコリーニ[ピアノ]
     ヴォルフ=ディーター・ハウシルト[指揮]
   新日本フィルハーモニー交響楽団[管弦楽]
・曲目:ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番 ハ短調
      同    /ピアノ協奏曲第4番 ト長調


料金 2公演セット券:S\11,700 A\9,900 B\8,100
第1夜1回券:S\6,000 A\5,000 B\4,000
第2夜1回券:S\7,000 A\6,000 B\5,000
チケット発売日:トリフォニークラブ会員先行発売:11/2(月)
        一般発売:11/3(火祝)
問合せ トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212


●アルド・チッコリーニ ピアノ・リサイタル
・日時:2010年03月20日(土) 開場:14:30 開演:15:00
・会場:豊田市コンサートホール
・曲目:シューベルト/ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調D.960
     ムソルグスキー/組曲≪展覧会の絵≫
・全指定席:3,000円(学生半額)


私とってアルド・チッコリーニはクラウディオ・アラウとともに特別に畏敬するピアニストで、ほとんどのCDを揃えている。

チッコリーニのピアニズムに特徴的なのは、なにより一音一音が冴えていることだろう。粒立ちが良く、弾性に富んだ音質は、磨き抜いた象牙の玉のようで、イタリア的なベルカントの美意識というのか、強く明るく美しい共鳴音に対する嗜好が滲んでいる。音楽表現は鮮やかなテクニックに支えられた明晰なもので、それがフレンチピアニズムの高雅なゆらぎと結びつき、ユニークな個性を成している。

チッコリーニは、その持ち味を活かして輝かしいキャリアを築き、幅広いレパートリーを備えて、膨大な録音を残してきた。(※最近、EMIから56枚組のBOXセットが発売された。)その中には、シューベルトやリストなど一般的な曲目に加え、サティやマスネ、セヴラックなどユニークなレパートリーも含まれる。

チッコリーニは自身のピアノについてドラマティコではなくリリコ・スピントだと述べているが、主情的というより常にクールで気品のある歌い口は「洒脱」と評される一方で、我が国で評価が今ひとつである原因なのかもしれない。また、サティ全集の録音のインパクトがあまりに大きすぎて、今でも「サティ弾き」と思われているかもしれない。

しかし、欧米では大家として地位を確立し、尊敬を集めている。
特に90年代後半からの芸の深まりは著しく、音楽に慈愛に満ちた柔らかさが感じられるようになった。私は特にベートーヴェンのソナタ全集(1995-2000 BONOVANNI;現在廃盤だが、抜粋盤が発売されている)を、座右に置き愛聴している。これほどピアノを濁りなく鳴らしきりながらも、緻密で繊細なベートーヴェンは類がないと思う(ハンマークラヴィーアの凄まじさと言ったら!)。

2000年からはイタリアの新興ピアノメーカー、ファツィオーリ(Fazioli)の超高級器に出会い、このピアノの繊細な音色美を極限まで引き出したソロ録音を、Cascavelleからリリースした。(これも最近、6枚組のBOXセットで発売された。)これらの録音はチッコリーニ芸術の到達点というべき記録で、ピアノ愛好家には至宝といっていいものだ。

また、チッコリーニの回想録の日本語訳が2008年に刊行された。
ここでマエストロは、自らの人生と芸術についてかなり深い内容を平易な言葉で率直に語っていて含蓄が深い。

アルド・チッコリーニ わが人生 ピアノ演奏の秘密
パスカル・ル・コール (著), 海老 彰子 (翻訳)
全音楽譜出版社  ¥ 1,890

可能ならば、チッコリーニの実演に接することを是非お勧めしたい。
7年前、札幌で聴いたリサイタルで、CDで何度も聴いた巨匠の芸が、実演ではさらに豊かなものであることに圧倒された。チッコリーニが特別な高みに達した芸術家であることをきっと納得いただけるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。