スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリシュカ&札響のライブCD第2弾いよいよ発売

エリシュカCD

9月30日、いよいよラドミル・エリシュカ&札響による2枚目のCDが発売になる。


ドヴォルザーク:交響曲第7番 二短調作品70
ヤナーチェク:組曲『利口な女狐の物語』


ラドミル・エリシュカ(首席客演指揮者)指揮 札幌交響楽団
(2009年4月17-18日 札幌コンサートホールKitaraにてライヴ収録)

メーカー:オフィス ブロウチェク 
レーベル:パスティエル
品番:DQC288
定価 2,500円 (税込)
発売日:2009/9/30

今年4月、札幌交響楽団第518回定期演奏会におけるライヴ録音。完成したCDを聴き、正統な解釈の優れた演奏が良い録音で残った意義を強く感じた。演奏に対する感想は、公演当日と基本的に変わらない。が、あえて付け加えるなら、ドヴォジャークの第7番は、第1、4楽章が特に優れていて、この明快な説得力は数ある同曲の録音の中でも最右翼に位置し、今後”定盤”となるべきものだ。そして組曲『利口な女狐の物語』の何気ない呼吸の精妙さはまさに名人芸。冒頭の弦の響きを聴くだけで、並の演奏とは一味違うエアの広がりを実感できるだろう。

オケは本当に良く力を尽くした。率直に言ってライヴならではの荒さもある。しかし、それを補って余りある生命力があり、これがライヴの熱気という以上に作品の本質に結びついている。繰り返し聴くに値する内容だと思う。

DSDを採用した録音は、前の盤よりマイクが若干近く、その分、生々しい迫力が増している。

本当に一人でも多くの方に聴いていただきたいと思う。
マイナーレーベルからの発売なので店頭にない場合もあるが、以下からオンライン注文が可能だ。

amazon
http://www.amazon.co.jp/ドヴォルザーク-交響曲第7番-エリシュカ-ラドミル/dp/B002ESUS9Y

HMV
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3630365

タワーレコード
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1965087&GOODS_SORT_CD=102

オフィス・ブロウチェク(メーカー直接、送料無料)
http://members3.jcom.home.ne.jp/eliskafan/order.html


なお、CD発売に際して、レコード芸術10月号にマエストロのインタヴューが掲載された。

レコード芸術2009年10月号インタヴュー記事
http://eliskafan.blog73.fc2.com/blog-entry-20.html

また関根日出男先生著作集には、マエストロとその師バカラに関する解説が掲載されているのでご覧いただきたい。

チェコ文化研究家、関根日出男先生による解説
http://eliskafan.blog73.fc2.com/blog-date-20090928.html

マエストロはこの10月に再来日し、札幌と福岡で『我が祖国』を振る。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。