スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽学者ヴラデミール・ヘルフェルトについて

ヘルフェルト
ネイェドリーに関連し音楽学者ヴラデミール・ヘルフェルトについて、Wikipedia記事を試訳する。ヘルフェルトはもともとはネイェドリー一派だったが、ブルノへ移りヤナーチェクの真価を確認してからは強力な支援者となり、ヤナーチェクに関するはじめての評伝も著している。

***

ヴラデミール・ヘルフェルト(1886年3月24日、クラトビ近郊のプラニセ生、1945年、プラハ没)は、チェコの戦間期における重要な音楽学者である。音楽評論家としての初期のキャリアではカレル大学における師、ズデニェク・ネイェドリーに感化されていたが、1922年にブルノ、マサリク大学の音楽学教授に就任してからは、反ネイェドリー派となり、ヤナーチェクを支持した。彼の最大の功績「チェコの現代音楽:チェコにおける音楽的創造性の研究」(1936)は、ネイェドリー派の攻撃にさらされた。ナチス占領下では、チェコスロヴァキア共産党の地下組織に参加し、抵抗運動を行ったかどで逮捕された。1939年、ゲシュタポによりブルノのシュピルベルク城に拘禁され、拷問を受けて健康を害し、その後、1942年までポーランドのヴロツワフに滞在した。体調が回復する間もなく1944年に再逮捕され、プラハのパンクラーツ刑務所に収監され、最終的にテレジンシュタット強制収容所に移送された。終戦後、プラハに戻る途上で(※発疹チフスにより)死亡した。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。