スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LA FOLLE JOURNEE au JAPON 2007を聴いて

GWを利用して家族で上京し、LA FOLLE JOURNEE au JAPON -「熱狂の日」音楽祭2007へ行ってきました。今回は随分と渋いプログラムなので、チケットの入手を楽観していましたが、結局、当日売りは絶望で事前にネット予約した3公演のみ聴きました。以下、その報告です。

【No.231】5月3日 9時45分開演(B5ホール)
<出演>
アラン・プラネス(ピアノ)
<プログラム>
ヤナーチェク:ピアノ・ソナタ 変ホ短調「1905年10月1日 街頭にて」
ヤナーチェク:草陰の小道を通って

まずは前から興味があったフランスのピアニスト、アラン・プラネスによるヤナーチェク。これはとても期待していたが、いまひとつピリッとしなかった。HMFの録音は知的なアプローチの個性的なヤナーチェクだったが、ここではミスタッチや音の濁りも目立ち、余裕のなさ、集中力の不足が感じられた。準備不足だったのだろうか。まあ、朝一番からこの内容のプログラムはきついだろう。終演後のプラネスは何かばつ悪そうに見えた。

B5ホールは、もともと講演会場であるせいか、厚い絨毯が敷かれ壁には吸音パネルが貼ってあり、あまりにデッドな音響で音楽を演奏するような所ではない。これはプラネスのように知的な繊細さが個性のピアニストには余計に不利だったかのもしれない。

プログラムの内容が粗末過ぎるのもどうしたものか。作曲者・作品についての解説はそれぞれ3行ほどの一口コメントで初めてこの曲を聴く客には不親切だろう。期待が大きかっただけに雑な内容に少々へこんだ。


【No.334】5月4日 15時00分開演(B5ホール)
<出演>
フセヴォロド・グリヴノフ(テノール)
デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(バス)
カペラ・アムステルダム
マルクス・ベルハイム(ピアノ)
ダニエル・ロイス(指揮)
<プログラム>
ドヴォルザーク:モラヴィアの歌
ヤナーチェク:野鴨(無伴奏合唱)
ヤナーチェク:狼の足跡(女声合唱、テノール、ピアノ)
ドヴォルザーク:聖書の歌 作品99より(バリトン、ピアノ)
ヤナーチェク:天にいますわれらの父よ(テノール、合唱、ピアノ)

カペラ・アムステルダムは、やや荒いが芯がしっかりしていて底力がある。尻上りに調子がよくなってきて、これが響きの良いホールならばなお良かったろう。ロイスは明晰な指示で見通しの良い、表情豊かな音楽を作っており、ヤナーチェクの「天にいますわれらの父よ」は特に良かった。「聖書の歌」を独唱した英国のバス歌手、デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソンが好演。それにしても、こんなプログラムで満席になるとは「熱狂の日」恐るべし。

【No.347】5月4日 19時45分開演(Cホール)
<出演>
キャロライン・サンプソン(ソプラノ)
スーザン・パリー(アルト)
フセヴォロド・グリヴノフ(テノール)
デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(バス)
マルクス・ベルハイム(ピアノ)
フリーデリーケ・ハウク(ピアノ)
ユルゲン・クルーゼ(ピアノ)
ベンヤミン・コブラー(ピアノ)
カペラ・アムステルダム
ムジーク・ファブリーク
ダニエル・ロイス(指揮)
<プログラム>
バルトーク : 2台のピアノと打楽器のためのソナタ Sz. 110
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「結婚」

このように変則的な編成ゆえ演奏機会が少ない作品を聴けるのも音楽祭ならでは。この公演も満席で、当日来られなかった娘の席にも、後半には人が埋められていた。バルトークも良かったが、なんといっても土俗パワー炸裂の「結婚」が聴きもので、ここでようやく「熱狂」することが出来た。蓋を外したグランドピアノが4台正面向いて並び、背後に合唱団、側面に打楽器隊という様は壮観。合唱は人数不足にもかかわらず力技で聴かせ、独唱者も好演。特にアルトとバリトンが良かった。

今回、初めて「熱狂の日」を聴き、その魅力とともに問題点も良く分かった。以下、箇条書きする。

・これだけマニアックな演目でフルに集客できるとは驚いた。チケット料金が安い1時間ばかりの演奏会を並べ、客にビュッフェのような選択の楽しみを与えたのが良かったのだろう。これはマルタンのアイディアの勝利で、地方で同様の企画をより小規模に開催することも可能だと思う。ただし「民族のハーモニー」という大テーマがあるため演目が限定されてしまうのが残念だった。古楽や現代曲も聴いてみたいのだが。

・日本であまり知られていない実力派の演奏家が多数出演し、広く名前が知られたのも良いことだった。私の大好きなプラジャークSQなど予想通り強い印象を残したようだ。

・便が良いとはいえ会場である東京国際フォーラムには問題がある。友人によると5000人収容のAホールは特に酷かったようだ。各ホールの人数構成がアンバランスなのもチケット枯渇の一因だと思う(A:5004席, B7席:820席, B5:528席, C:1490席, D7:222席)。多少、場所が離れていても、音響の良い1000-2000席ほどのホールで多地点開催したほうが、チケットも行き渡るのではないか。特に室内楽は響きのチューニングのため大抵1ステは硬いもの。デットな会場での短時間の公演では演奏者が実力を発揮しきれず気の毒だ。

・プログラムがどれも貧弱だった。カジュアルな雰囲気を演出するため、あまり堅い内容にしたくないのは分かるのだが、もっと内容があったほうが親切だと思う。

今回は、名店の料理をプラスチック皿に盛ってビュッフェ形式で食べたという印象。貴重な機会で大いに楽しめた反面、多くの公演を消化することが優先されたためか雑な印象もあった。企画は十分素晴らしいので、今後はより質を高めて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。