スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独房の中のイェヌーファ~新国立劇場『イェヌーファ』を観て

新国立劇場の『イェヌーファ』初日を観てきました。以下、感想メモです。演出に関してネタバレを含みますのでご了解ください。

***
ヤナーチェク:歌劇『イェヌーファ』
新国立劇場
2月28日(土) 14:00~
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/jenufa/
https://www.youtube.com/watch?v=jBLGP50bDh8&feature=youtu.be

クリストフ・ロイ演出の舞台装置はきわめて簡素である。冒頭、コステルニチカは看守に連れられ舞台に登場する。彼女は嬰児殺しの罪で逮捕され拘置されるところなのだ。そこは真っ白な壁に囲まれ、小さなテーブル以外何もない殺風景な空間。ドラマはその独房の中の彼女の回想から始まる。イェヌーファやブリヤ家のお祖母さんは、回想するコステルニチカの傍らに現れ、曲が始まる。

この真っ白で殺風景な空間は、多少のアレンジはあるが、全幕を通じて舞台を占める。それは寒村の因習的な閉塞感を表すと共に、登場人物間で共感できる背景を欠いていることを表しているのだろう。コステルニチカはイェヌーファを愛し、イェヌーファはシュテヴァを愛し、ラツァはイェヌーファを愛するが、それらは第3幕の最後でコステルニチカが告白するように相手への思いやりを欠いた身勝手な感情にすぎないのかもしれない。第2幕のコステルニチカの小屋では、出産したイェヌーファが隠され守られているのだが、精神病患者が監禁・隔離されているようにも見える。

ラストでイェヌーファとラツァは白い空間から抜け出して暗闇に向かっていく。これは閉塞からの脱出という点では希望だが、やはり背景を欠いた黒。二人の将来に共感や希望があるのかは不明だ。これは観客に安易な情緒的解決を与えない、辛口の演出と言えるだろう。

この演出はベルリンドイツオペラにおける上演がDVDになっている。主要なキャストも今回の新国の上演とほぼ重なる。このDVDは、グラミー賞にもノミネートされ評論家の評価はとても高いようだ。私もこれを観て今回の上演に臨んだ。

率直に言って、私はこの演出には当初かなり抵抗感があった。衣装は現代風だが奇妙な読替を行っていないので、ドラマの本筋を外れたものではない。とは言え、舞台セットがあまりにシンプルなので演出家の意図は汲めるが、視覚的に単調に思われた。『イェヌーファ』が本来持つ地方色を容赦なく切り落とした演出は、作品本来の味わいを減じているように思えた。『蝶々夫人』が日本という文脈から離れられないように、『イェヌーファ』もモラヴィアの民俗性から離れて欲しくないと思った。そんなモヤモヤを抱えながら、新国の上演に臨んだ。

結果、素晴らしく感動的な上演だったと思う。
2幕くらいから胸が詰まって、ただただ鼻水を垂らしながら泣いていた。DVDの印象とどこが違うのか。それは、チェコ人指揮者トーマス・ハヌスの解釈がこの作品本来の演劇性を強化し、辛口の演出と相乗したことによる。

ヤナーチェクのオーケストレーションは独特の響きがする。CDで耳に馴染んだ作品もライヴで聴くと意外な発見が多い。今回もそうだったが、特にハヌスはチェコ語が母国語だけあってオケと言葉との絡みが優れていたように思う。ヤナーチェクのオペラは、朗々としたアリアや二重唱の旋律で聴かせるわけでも、分厚く雄弁なオケの響きで聴かせるわけでもない。ポツンと心情を吐露した短い一言にこそヤナーチェクの音楽の醍醐味がある。オケの響きはむしろ薄く、旋律的な流れとは異なる表現的な音型が混じる。「私の心は復讐に燃えている」とか「恋心に胸が張り裂けそう」というようなドラマチックな文句ではなく、「私はお前に賭けていたのに」「人生ってこんなものだとは思わなかった」「小さい頃からあいつばかり可愛がって」というような言葉が胸に迫ってくるのが『イェヌーファ』の魅力だ。美しい旋律が多いがほとんどは短く、情緒的気分を引きずらない。音楽に詞が付いているというより、台詞に節がついている風だ。ハヌスはそんなヤナーチェクの特徴を熟知しスコアを読みこんでいるように思えた。並の指揮者なら何気なく通りすぎる一節もテンポを落として丁寧にオケと噛み合わせる。そうすると繰り返される表現的な音型が浮き立って心理的効果を生む。そして随所で、たっぷりと沈黙の間をとる。その間の後、無伴奏で歌が入る箇所が多いが、何とドラマに真実味がこもっていたことか。それは簡素な舞台だからこそモダンな表現として活きるところも多々あった。東京交響楽団は、ヤナーチェクの主要作品をセミステージ形式で上演した実績があるだけにツボを押さえた優れた演奏で、第2幕におけるヴァイオリンソロも美しかった。

歌手は総じて大変良かった。DVDで観たベルリンドイツオペラの上演よりずっと良い出来だった。ベルリンの上演では、オケと言葉の絡みに若干齟齬があったため、実力派の歌手達はもっと語って欲しいところまで歌詞として歌い過ぎていた。そこがどうも不満だった。今回の上演では、言葉が上手くはまっていて、言葉と結びついた演技も光る。

タイトルロールのミヒャエラ・カウネは、イェヌーファの精神的成長をよく表現していた。第1幕では若い娘らしい浮薄さと共に継母譲りの思慮も備えている。第2幕では不安定なシングルマザー。第3幕では苦難を受け止めながら他者に赦しを与える存在。そういうフラットではない女性像を柔らかく丸みのある声で丁寧に歌い、語り、演じていた。ベニャチコヴァーやマッティラと共に重要なイェヌーファ歌手だと思う。

ラツァ役のヴィル・ハルトマンも、第1幕は嫉妬に駆られた捻くれ者だが、2幕以降は罪を悔いイェヌーファに献身する男を好演し、特にイェヌーファとの対話の場面で彼女に語り掛ける柔らかい歌唱が感動的だった。

コステルニチカ役のジェニファー・ラーモアはパワフルな歌手だが、DVDでは歌い過ぎていてやや平板に思われた。だが今回の上演では、硬直した役柄が上手くオケの響きにはまって歌唱にならない台詞のような部分(例えば第2幕の幕切れ「死神が覗き込んでいるよう!」等)の表現にも凄味があった。

シュテヴァ役のジャンルカ・ザンピーエーリは、「ゲスの極み」な「チャラ男」を好演してキャラ立ちしていた。同じテノールのラツァと好対照で声質にも楽天的な甘さがあり良かった。

そして流石に貫禄だったのは、ブリヤ家の御祖母さんを歌った72歳の名歌手ハンナ・シュヴァルツ。端役なのだが、深い響くメゾソプラノの存在感に驚いた。

日本人歌手も皆、好演しており、村長(志村文彦)やカロルカ(針生美智子)が印象に残った。合唱も優れており、特に群衆としての活き活きとした動きが見事だったと思う。

***

今回、ヤナーチェク作品を取り上げ、プレイベントまで開催して下さった新国立劇場のスタッフの皆様には心から感謝いたします。おかげさまで、今回の上演に合わせ当会の対訳解説書を増補改訂の上で出版することができました。今後も我が国でヤナーチェク作品が上演されることを強く期待します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。