スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【書評】ピアニスト フランソワの〈粋〉を聴く(舩倉武一 著)

当会会員の舩倉武一氏が、今年生誕90年を迎えるフランスの名ピアニスト、サンソン・フランソワ(1924‐70)に関する本を上梓された。舩倉氏は、音楽への造詣が深く、とりわけフランソワとクーベリックに傾倒されており、これまでも音楽批評サイトAn die Musikや当会会報にしばしば寄稿されている大変に筆の立つ方である。


ピアニスト フランソワの〈粋〉を聴く
舩倉 武一 著
アルファベータ ¥ 1,728

フランソワ本

フランソワは私も好きだが、なかなか一概に評価することが難しいピアニストである。薫り高いフレンチピアニズムを体現する真正の天才である一方、その演奏は時に恣意的で不安定である。

この本は、フランソワの客観的な評伝でも研究書でもない。この天才ピアニストと主に録音を通じて長年付き合ってきた一ファンが、個人的な印象と思索を綴ったものだ。その想いは熱いが、ファンゆえの贔屓の引き倒しには陥らず、フランソワの弱点も含め、彼のピアニズムの全体像を捉えようとする姿勢がよい。

舩倉氏は、アマチュアのピアニストであり、専門的な音楽理論も学び、語学も堪能な方である。そんな彼が、愛情をもってフランソワの人生の軌跡をたどり、残された録音の一枚一枚、一曲一曲について聴き込み、考え、想う。愛好家個人の趣味を前面に出しながら、こうして起伏も含めて広く面的に捉えられたフランソワ像が、職業評論家のスポット的な評価と異なってくるのはむしろ興味深い。フランソワのディスコグラフィの中でも特に世評が高い代表盤が、舩倉氏からすると、彼らしい個性を抑えたものとして物足りなく思われる一方、演奏者会心のピアニズムとして舩倉氏が偏愛する録音は、評論家の評価が低い場合もある。

注目すべきはフランソワの私生活や、コルトーの後継たるべき看板として売り込んだEMIの思惑等、周囲の状況も考慮し、彼の演奏歴を3期に分けたことである。これは今後フランソワを語る上で基準となる区分だろう。

 要するに、フランソワの活動時期を、病気の前後で分類すると、
 第一期(1959年2月まで)は、フランソワがまさに本能的な魅力を発散した時期。したがって非常に勢いがあるが、彼のピアニズムが嫌いな方には、鼻につく演奏が多い時期。
 第二期(1959年~1969年初頭)は、フランソワの演奏にムラが生じ始めた時期で、雑な演奏やインスピレーションの不足した録音も散見される時期。ただし、ステレオ録音期に入ったため、後世に残る名演も同時に生まれた時期。
 第三期(1969年~没年)は、身体の自由が効かないにもかかわらず、足跡を残そうとする努力や苦労が、残された録音からも聴き取れ、涙ぐましい反面、体調の優れたときや技巧的な問題が生じない曲などでは、神がかり的な名演を残した時期。
(P117)


フランソワは生きていれば90歳で、メナヘム・プレスラー(1923-)とほぼ同い年だ。キャリアが短かったので随分と昔の人のように思えるが、残された録音も多く、まだまだ一般には知られていない多面的な魅力があるように思われる。

音楽について語るスタイルには様々なものがある。この本の美点は、愛好家として率直に「地図」を示したことだと思う。この本を読めば誰でも、舩倉氏による「地図」を頼りに豊かなピアニズムの世界に分け入ってみたいと思うだろう。次回は是非クーベリックの本を期待したい。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。