スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリシュカ&札響の名曲コンサート「古典神話の主人公たち」

本日、ラドミル・エリシュカ指揮、札幌交響楽団による名曲コンサートを聴いてきた。


■札幌交響楽団 名曲コンサート
~音楽で紡ぐ物語4「古典神話の主人公たち」
ラドミル・エリシュカ指揮 札幌交響楽団

日時:2012年11月25日(日) 15:00開演
会場:札幌コンサートホールKitara
曲目:
 ベートーヴェン:バレエ「プロメテウスの創造物」序曲
 ハイドン:交響曲第88番ト長調「V字」
 モーツァルト:交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」

(アンコール)
 モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』序曲

このシリーズは、定期演奏会とは別枠で親しみやすい曲を廉価で聴かせるというコンセプトで、11月頃にエリシュカが登場するのは毎年恒例となっている。今回は珍しく古典派作品の特集である。エリシュカは既に全国のオーケストラで得意とするチェコ音楽を振っているが、今回のようにチェコもの以外のレパートリーを聴くことができるのは、札響ならではだろう。エリシュカは、チェコ作品ばかりでなく独墺作品も得意としているが、我が国でベートーヴェンとハイドンを演奏するのは今回が初めてとなる。

どの曲も、この指揮者らしく、きわめてオーソドックスな秀演だった。細部まで音楽が、あるべきところに収まっている安定感。古楽奏法全盛の今日では古風なスタイルかもしれないが、ヨッフム、ザンデルリンク、スウィトナー、ドラティ等、中欧の名匠たちの系譜に連なる解釈であり、それは老練な手腕に裏打ちされている。このような演奏に出会えるというのは、いまや欧米においてすら稀有なことだろう。

エリシュカのモーツァルトは、これまで交響曲第38番(大阪フィル、2008)、ピアノ協奏曲第24番(札響、2008)、ヴァイオリン協奏曲第3番(札響、2009)と聴いてきたが、今回はいっそう雄弁で素晴らしかった。それは、エリシュカと札響の関係の深まりが反映しているのだろう。なによりオケが良く鳴っていて、音色に深みがあり、弦と管のアンサンブルに密度があった。今回は3曲とも、冒頭にトゥッティが鳴るが、それを聴いただけでもグッと充実した掴みに惹きつけられた。

以前の札響ならば響きがもっと薄く、小編成な古典派作品では、隙が露呈することもあっただろう。しかし、今回、マエストロの細かな指示に対する札響の反応には自発的な呼吸が感じられ、それが音楽にこれまで以上に豊かな表情を生み出していた。先日発売されたばかりの新世界交響曲のCDを聴いても思ったが、エリシュカ&札響の関係は年を重ね確実に熟成している。

例えば、ハイドンやモーツァルトの交響曲のメヌエット。古典派の交響曲のメヌエットは、繰り返しが多いので退屈させずに聴かせるのは結構難しいことだと思うが、今日の演奏は、良い意味で緩い膨らみがある優雅なもので、まるで歌劇場付の手錬のオケを聴くかのようだ。なるほど、ハプスブルク帝国に通じる中欧の伝統を感じた。

ハイドンが意匠を凝らした「V字」交響曲は愛すべき傑作だが、私が日頃愛聴しているラトル&ベルリン・フィルのCDと比べても味わいに遜色なく、その解釈には非常に共通したものを感じた。ちょっとした休符にさえ滲むユーモアこそハイドンの愉しみで、特に気品に溢れた2楽章の美しさは強く印象に残った。


そして、ジュピターはやはり終楽章が圧巻だった。ここでも、各声部のバランスが素晴らしく、フーガの絡み合いの中で札響の風合いがしっかり生きていている。古楽奏法によるスパイシーな味付けの演奏が主流になりつつあるが、このニュートラルながらも十分にアーティキュレーションの魅力が際立った演奏には、かえって情報量があるのだ。

さて、これは、ますます12月の第九が楽しみでならない。古今の指揮者が頂きを目指す最高峰、きわめつけに精密なベートーヴェンの傑作からエリシュカは何を引き出すのだろうか。


札響特別演奏会「札響の第9」

 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

 12月8日(土)15:00~
 12月9日(日)15:00~
 札幌コンサートホール


 ラドミル・エリシュカ指揮 札幌交響楽団
 安藤 赴美子(sp)
 手嶋 眞佐子(ms)
 望月 哲也(t)
 黒田 博(t)

 札響合唱団
 札幌アカデミー合唱団
 札幌放送合唱団
 合唱指揮:長内 勲


エリシュカ名曲コンサート201211
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。