スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラインドボーン音楽祭の『利口な女狐』

先月から今月にかけて英国グラインドボーン音楽祭でヤナーチェクの『利口な女狐の物語』が上演され、話題を呼んでいる。

グラインドボーン音楽祭
ヤナーチェク:歌劇『利口な女狐の物語』


20 May - 28 June 2012

指揮 Vladimir Jurowski ヴラディミール・ユロフスキ
London Philharmonic Orchestra ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
演出 Melly Still メリ・スティル
装置 Tom Pye トム・ライ

森番 Sergei Leiferkus セルゲイ・レイフェルクス 
ビストロウシュカ Lucy Crowe ルーシー・クロウ
ズラトフシュビテーク Emma Bell エンマ・ベル
牧師/ 穴熊 Mischa Schelomianski ミーシャ・シェロミャンスキ
ハラシュタ William Dazeley ウィリアム・デイズリー
森番の妻/ 梟 Jean Rigby  ジーン・リグビー
校長先生/ 蚊 Adrian Thompson エイドリアン・トンプソン
パーセク Colin Judson コリン・ジャドソン
パーセクの妻 Sarah Pring サラ・プリング



この上演の模様は今月22日までオンデマンドでネット配信を視聴できる。

第1幕
http://www.guardian.co.uk/music/video/2012/jun/11/the-cunning-little-vixen-video

第2幕、第3幕
http://www.guardian.co.uk/music/video/2012/jun/11/the-cunning-little-vixen-video-act-2

※第2幕までと記されているが、第3幕まで全曲観られる。なお冒頭にはグラインドボーンの舞台裏を紹介したビデオが挿入されている。

これは演奏・演出共に充実した上演だ。
メリ・スティルの演出は、基本的にチェスノフリーデクの原作に忠実なもので、ドイツ人が好むようなモダンな解釈や、フランス人が好むような洒落たセンスがあるわけではない。しかし、シェークスピアとピーターラビットを生んだ英国らしい内容で、田園色がありながらもポップな美術が楽しく、人々の衣装も原作に忠実で、細かいところに無理のない演劇的な工夫があった。1幕のドタバタはやや悪乗り気味のところもあったが、2幕以降は特に良かった。

舞台中央には、大きな「生命の樹」があり、それを中心に物語は展開する。そこに森番がもたれて居眠りし、穴熊が住み、校長先生と神父は独白し、狐たちは愛を語り、女狐は撃たれて死ぬ。そして最後は少々意外なオチか。

1幕の間奏では子狐を奪われた母狐による嘆きのバレエで表され、3幕の校長先生がしょげているパーセク亭の場では、ハラシタとテリンカの結婚式が挿入されるが、これもユニークなアイディアだろう。

歌手も、女狐のルーシー・クロウ、森番のセルゲイ・レイフェルクス(※インタヴューで「42年間舞台に立っているが、こんな難しい音楽は初めてだ」と述べている。)をはじめ皆、秀逸だった。気鋭の指揮者、ヴラディミール・ユロフスキは、ドラマの展開に沿って、ヤナーチェクの個性的なオーケストレーションを巧みに鳴らして細部をくすぐりながらも、持続する呼吸には膨らみがあり、演劇的な効果を上げていて感心した。こうして聴いてみると、この曲の独特な響きには動物の声を模したところがところどころある。例えば、2幕で女狐が雄狐にツグミの噂に注意と歌うところや、ラストのキツツキなど。

これはおそらくDVDになるだろう。是非御覧いただきたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。