スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォジャークの交響詩『野鳩』

1620年にボヘミアのプロテスタント勢力がプラハの郊外、白山(ビラーホラー)で大敗を喫して以来、チェコ民族はハプスブルク家の支配下に置かれた。これによりチェコ語は廃れ、公の場ではドイツ語が使用されるようになったが、18世紀後半から民族意識が高まるにつれて再びチェコ語が見直されるようになった。そして19世紀には、既にチェコ語が不自由になってしまった都市の知識人が、「民族覚醒者」として、チェコ語を研究し、公用語として整えたため、チェコ語で学術書や文芸書、新聞等が書かれるようになる。それは明治人の言文一致運動にも似た苦労だったろう。

これに併せて、長く民衆に伝承されてきたチェコ語の文芸や民謡が採取され研究されるようになった。チェコ語は民衆の言語として、こうした民俗芸能により命脈を保ってきたからである。

ドヴォジャークが交響詩にした、カレル・ヤロミール・エルベン(1811-1870)の物語詩集『民族伝説の花束』(通称『花束』)は、1853年にプラハで出版されたもので、チェコ文学史上、特に重要な作品である。13編からなる物語詩の内容は、エルベンが民間伝承から採取した怪異譚が主で、いわばチェコ版の「遠野物語」といえるものである。社会が近代化される前、電灯もなく娯楽も乏しい中で長い夜を過ごさなければならなかった庶民が、深い闇を感じながら紡いだ話は、どこの国でも、やはり怪談が中心になる。そして、それらの物語は伝承されることで練り上げられ、潜在意識に訴える力を持つようになるのだろう。

1895年、ドヴォジャークは、米国から帰国し、弦楽四重奏曲13、14番を仕上げた後、純粋な器楽作品を全く書かなくなり、以後、交響詩やオペラのような劇音楽に専念した。彼は熱烈なワグネリアンだった若い頃から劇音楽で成功するのが生涯の目標だったからだ。帰国した翌年の1896年に作曲したのが、この交響詩集で、第1曲『水の精』、第2曲『真昼の魔女』、第3曲『金の紡ぎ車』、第4曲『野鳩』からなり、内容からいえば『真昼の魔女』と『野鳩』が特に充実している。

これらの交響詩はヤナーチェクとの関わりも深い。ヤナーチェクは『真昼の魔女』を絶賛する評論を書いており、1898年には『野鳩』を自らチェコ管弦楽団を指揮してブルノで初演している。これらの2曲で、冒頭に登場する動機が派生し成長していく作風は、ヤナーチェクの晩年の管弦楽曲にも大きな影響を与えた。また、ヤナーチェクが採集した民謡集『モラヴィア民謡の花束』(1890)もエルベンの『花束』を意識したタイトルだろう。


今回、この『野鳩』が、ラドミル・エリシュカ指揮、札幌交響楽団により演奏される。

札幌交響楽団 第548回 定期演奏会
~R.エリシュカ チェコ音楽シリーズvol.5~


2012年4月27日(金) 19:00~
2012年4月28日(土) 15:00~

会場:札幌コンサートホールKitara

指揮 ラドミル・エリシュカ(首席客演指揮者)

曲目:
ヴォルジャーク スケルツォ・カプリチオーソ op.66
交響詩「野鳩」 op.110
交響曲第9番ホ短調op.95「新世界より」

eliska&SSO_201204


『野鳩』は、チェコ・ドヴォジャーク協会会長であるマエストロが特に愛好し得意とする作品であり、国内でも既に2度取り上げている(大阪センチュリー響2006、都響2008)。今回は、互いに気心が知れ、チェコ音楽の風合いが最も活かされる札響との演奏だけに大いに注目される。

この作品の詳細については、チェコ文化研究家の関根日出男先生による解説が、作品の元となったエルベンの詩とともに公開されているので是非とも御参照いただきたい。

関根日出男先生著作集
ドヴォジャーク:交響詩「野鳩」Holoubek作品110, B.198


関根先生の優れた解説の前に私の記事は蛇足だが、この曲は、若い愛人のため亭主を密かに毒殺した美貌の未亡人の物語だ。冒頭の美しくも沈痛で曲想は、若い燕との婚礼により華やかに変わるが、彼女が野鳩の鳴き声をきっかけに良心の呵責に悩み自ら命を絶った後、もう一度、雰囲気を変えて繰り替えされる。それは冒頭の不穏な色合いと違って慰謝に満ちたもので感動的だ。

ちなみに、ドヴォジャークは、このような怪異譚を好んだようで、カンタータ『幽霊の花嫁』という作品も書いている。これは亡くなった恋人に墓地で誘拐される花嫁の物語だ。他に怪談好きの作曲家といえば、やはりボヘミア生まれのマーラーが思い浮かび、『嘆きの歌』や『子供の不思議な角笛』にもその手の話に基づくものがあるし、交響曲のグロテスクな表現にも怪奇趣味が滲んでいる。ボヘミアには怪談好きの伝統があるのかもしれない。この作曲家の文学青年じみた自己憐憫は苦手だが、この怪奇趣味は惹かれるところだ。

※エルベンの『花束』については北海道大学文学部の柴田匠氏、浦井康男氏による翻訳と解説を参照した。改めてお礼を申し上げたい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。