スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チッコリーニによるモーツァルトのピアノ・ソナタ集

年配の音楽ファンが「齢を重ねるにしたがってモーツァルトへの愛着が深くなった」と語るのをよく耳にする。私はまだそれ程の年齢に達していないが、先日リリースされたアルド・チッコリーニの新譜を聴いて、そんな言葉を思い出した。

モーツァルト:
・ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331『トルコ行進曲付き』
・ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調 K.280
・ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調 K.333


 アルド・チッコリーニ(ピアノ/使用楽器:ベヒシュタイン

 録音時期:2011年5月
 録音方式:デジタル
 ※日本語帯・解説つき
  (輸入盤、La Dolce Volta)

ciccolini01


チッコリーニは、若い頃からモーツァルトを得意とし、そのイタリア的に明瞭な響きは、もともとフォルテピアノのために書かれた作品にマッチして魅力的だった。

1953-1956年にEMIに録音したソナタは、チッコリーニの膨大な録音群の中でも初期のものだ。そして、EMIから移籍後の2000-2002年には、ベルギーのマイナーレーベルArcobalenoから2枚をリリースしていた(現在廃盤)。

○EMI録音
・ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調 K.280
・ピアノ・ソナタ第9番ニ長調 K.311
 録音:1953年12月8日、パリ、サル・ドゥ・ラ・ミュチュアリテ

・ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331
・ピアノ・ソナタ第12番ヘ長調 K.332
 録音:1953年12月10日、パリ、サル・ドゥ・ラ・ミュチュアリテ

・ピアノ・ソナタ第4番 変ロ長調 K.282
・ピアノ・ソナタ第7番 ハ長調 K.309
・ピアノ・ソナタ第13番 変ロ長調 K.333
 録音:1956年2月20日、パリ、ステュディオ・アルベール

・ピアノ・ソナタ第15番 ヘ長調 K.533
 録音:1956年2月21日、パリ、ステュディオ・アルベール

○Arcobaleno録音
・幻想曲 ハ短調 K.475
・ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457
・ピアノ・ソナタ第4番 変ホ長調 K.282 (K. 189g)
・ピアノ・ソナタ第5番 ト長調 K.283 (K. 189h)
・ピアノ・ソナタ第7番 ハ長調K .309
・ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K.330
・ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331『トルコ行進曲付き』



これらは十分に磨きぬかれた演奏で、これまで愛聴してきたものだが、ベヒシュタインで弾かれた今回の録音は、その丸く柔らかな音色と相まって、85歳(演奏当時)の巨匠が到達した自由で親密な味わいが格別なものとなっている。

何気ないフレーズにも豊かなニュアンスが込められ、自在な響きと語り口の妙、微笑を誘うような遊び心はどこか演劇的だ。しかし、そこには衒いというものが全くない。満員のホールでのリサイタルというより、ごく親しい友人を集めたサロンで弾かれたようなintimateなモーツァルトだ。

チッコリーニは、濁りのない美音と精密なタッチを活かし、カッティングされたクリスタルを思わせるキレを持ち味としてきたが、近年、その芸風は随分マイルドに変化している。それはArcobaleno盤(2002)の『トルコ行進曲付き』と比較してもよく分かる。このような傾向はグリーグの抒情小曲集を録音した5年前位から顕著になってきたように思う。これは老いの影響というより追究してきた表現の深化というべきだろう。そして、その至芸が最も有効に発揮されるのが、長年慣れ親しんだモーツァルトであるように思う。

チッコリーニのモーツァルトでは、2008年7月のフランス、モンペリエにおけるピアノ協奏曲第20番&23番のライヴ録音も素晴らしかった。今回の演奏の特徴は、このライヴ演奏とも通じるものだ。

ciccolini02

今回のCDにはチッコリーニへのインタヴューが邦訳付きで収録されており(機械翻訳のような文章だが、それでも有り難い)、掲載されている巨匠の茶目っ気あふれるポートレートも魅力的だった。

※ところで、いつもつまらないことが気にかかるのだが、チッコリーニは演奏時にも大きな指輪を嵌めている。あれは邪魔にならないのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。