スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれ動く世界

東北関東大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

次々と報じられる悲惨な映像に震撼し、被災地域の状況に胸を痛めながら、この未曽有の事態を前に自分の出来ることがあまりに少ないことを心苦しく思うのは私だけではないだろう。私に出来るのは、ささやかな額の義援金を送り、ガソリンを節約するため自家用車の使用を控え、あとは出来るだけ動じずに通常の生活を送ることばかりだ。

先週の土曜日、札幌交響楽団の定期演奏会に行ってきた。Kitaraのホワイエでは楽団員の方々に加え、指揮者の高関健氏自らが募金に立っていた。マーラーの第7交響曲という大変な難曲の本番を前にした音楽家の取り組みに頭が下がる思いだった。2晩の公演で130万円以上の寄付が集まったとのことである。普段より少ない客入りからいって驚くべき額だ。当日は、まず被災者へ哀悼を捧げるため、チャイコフスキーの組曲4番モーツァルティアーナから「祈り」が演奏された。この曲はモーツァルトの有名なモテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の管弦楽編曲版である。マーラーが熱のこもった感動的な演奏だったのはいうまでもない。

こんな時に気楽に音楽鑑賞かと眉を顰める向きもあろう。しかし、こんな時こそ良い音楽には人々を連帯させる力がある。また、こんな時こそ生演奏を聴かねば文化は干上がってしまうだろう。

1923年の関東大震災の折に、チェコスロヴァキアの作家カレル・チャペックが寄せた感動的な一文がある。タイトルは『ゆれ動く世界』。以下にその一部を引用する。


チャペック

「巡洋艦なになに号が、救援活動のためにヨコハマに向けて出航した」それはよろしい。しかし、世界中の巡洋艦が機関のボイラーの蒸気をいっぱいにし、全力をあげてヨコハマに急行したとしても、それは十分でなく、それで世界の良心がおさまることはないだろう。世界中のすべての政府が募金と哀悼の言葉や電報と薬品を送ったとしても、十分ではない。すべての弔鐘が鳴らされ、すべての旗が追悼のために半旗の位置におかれたとしても、それはささやかで無に等しい。五十万か六十万の人々が建物の破片や火や水のために命を失った。デリケートな文化を持ち、疲れを知らぬ勤労の町々が廃墟となっている。おそらくそれは、世界大戦の恐ろしい災害の後ではたいしたことではないかもしれず、おまけにあまりにも遠くの出来事である。そしてそれは、われわれには理解できず実際にはほとんど関係もない、肌の色の異なる国民を襲ったのだ。・・・・・・

われわれの同情は偽善的な心情になるだろう、もしそれが明白でひたすらな意識、すなわちわれわれ地上のすべての人間と国民は一体なのだという意識にともなわれなければ。その関係を家族、兄弟、隣人または親近者など、好きなように呼んでよい。われわれチェコ人とドイツ人とフランス人、われわれ白人と黒人、着衣であろうが裸であろうが、極地の人間であろうが赤道の人間であろうが、われわれ人間、同じ人間、共同作業者たちは、この裂かれ燃えあがりゆれ動く遊星上にいるのだ。それはわが国からは遠い所で生じた。しかしそれは、たそがれの中の悲劇的に広がる閃光で、その輝きの中にわれわれは、突然ながら以前とは異なった、まったく異なったやり方で、人と人との、国民と国民との、そして大陸と大陸との関係を見取らなければならない。この恐ろしい束の間の閃光の後で、世界中でなにかが変わらず、浄化されぬことがありうるだろうか? われわれをぞっとさせたあの瞬間が、それまで知らなかった、より広く境界なき地平が閃光のように現れたという、鋭い衝撃的な意識をわれわれの心に残さずにいることがありうるだろうか?
・・・・


※ 「いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集」(カレル・チャペック著、 飯島周訳/平凡社ライブラリー) P183、『ゆれ動く世界』より
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。