スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリシュカ&札響による「踊るスラヴの旅」

11月の札響名曲コンサートは首席客演指揮者ラドミル・エリシュカによるスラブ名曲集。このシリーズは、定期演奏会とは別枠で親しみやすい曲を廉価で聴かせるというコンセプトで、昨年、エリシュカは「我が祖国」を振り好評を博した。今年は小品集で昨年よりライトな選曲だが「禿山の一夜」や「だったん人の踊り」は意外に実演に接することがないので嬉しい。チケットは昨年と同様に完売し、エリシュカ&札響ブランドはすっかり定着した感がある。今回は録音もなく、指揮者もオケも久しぶりにリラックスした雰囲気だった。当日は「本日の演奏会に寄せて」と題されたマエストロのメッセージが配布された。

「私はプラハの音楽アカデミー指揮科にて30年間教鞭をとり、学生と共にスラヴの有名な楽曲全てを踏襲しました。その中で最も大きい割合を占めたのはもちろんチェコとロシアの作品です。そして、指揮者として、チェコのドヴォルジャーク、ヤナーチェク、スーク、マルティヌー、ロシアのチャイコフスキー、リムスキー=コルサコフ、ムソルグスキー、ボロディン、彼らの曲を何度も指揮し、喜びを味わってまいりました。彼らは”真の巨匠”たちですから! 彼らの作品を日本のオーケストラと共に再度じっくり見据える、そのことを大変楽しみにしております。......」

●森の響フレンドコンサート 札響名曲シリーズ2010-2011 vol.3 踊るスラヴの旅
日時:2010年11月27日 15:00~
会場:札幌コンサートホールKitara
演奏者:
 ラドミル・エリシュカ(首席客演指揮者)
 札幌交響楽団
曲目:
 スメタナ:歌劇「売られた花嫁」より3つの舞曲
 ムソルグスキー:交響詩「禿げ山の一夜」
 リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲op.34
 ドヴォルジャーク:スラヴ舞曲集より
  第1番ハ長調op.46-1, 第3番変イ長調op.46-3, 第5番イ長調op.46-5
  第10番ホ短調op.72-2, 第15番ハ長調op.72-7
 ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より"だったん人の踊り"

(アンコール)
 フチーク:行進曲「剣士の入場」

まさに自家薬籠中のプログラムだ。
今回、演奏を聴いて思ったのは全体に漂うユーモア。指揮姿も含めオールドファンションな洒脱さがあり、要所を締めつつも力まず余裕がある。例えば普通の指揮者なら「禿げ山の一夜」や「だったん人の踊り」は、もっとギラギラと派手に演出するだろうが、今回の演奏は意外に大人しかった。しかし、それで退屈ということはない。きっちりした枠の中で各セクションは統制されたパーツではなく、表情豊かな顔ををもって響き、展開が鮮やかに示される。特にスペイン奇想曲は、活躍するクラリネットやヴァイオリンを中心にキャラ立ちしたオケの楽しさを堪能できた。正直、この作品には、スラヴ風味のスペインというチグハグさから、それほど魅力を感じていなかったが、今回はだからこそ面白く感じた。エリシュカもメッセージの中で述べている。

「ところで・・・おそらくスペイン人誰ひとりとしてこのような曲を残してはいなかいでしょう。このロシア人が書いたような”スペインの曲”を!」

そして、なんといってもチェコものだ。
エリシュカが登場した時に札響が聴かせたスメタナやドヴォジャークは衝撃だったが、響きにはまだ硬さがあった。しかし、今ではこなれた呼吸でチェコ節を聴かせ、まるで本場のオケのようだ。この4年間の積み上げの成果なのだろう。指揮者もオケも踊っているかのようにリズムが躍動し、チェコ音楽マニアとしてはひどくご機嫌なひと時を過ごした。やはりスラヴ舞曲が圧巻で、曲想のコントラストが利いていて少しも単調さを感じさせない。指揮者が鼠を捕まえるようにギュッと手を差し伸べ、腕を大きく振ると、オケが生き生き反応し音楽が膨らんでいく。その様は視覚的にもとても面白かった。オケの雰囲気はとてもよいように思う。さらに期待したいのは、高弦のボリュームと、もう一段上の繊細さか。


アンコールは「ボヘミアのスーザ」、ユリウス・フチークの人気曲。この快活でどこかおどけた味わいがあるマーチが響くと会場の空気が和らいだように感じられた。微笑を誘う幸福なコンサートだった。

それにしても、札響さん。そろそろマエストロを定期でも年2回呼びませんか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。