スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォジーシェクを聴く

ヴォジーシェク

後期古典派(または初期ロマン派)に位置づけられるボヘミアの作曲家、ヤン・ヴァーツラフ・ヴォジーシェク(Jan Václav Voříšek, 1791- 1825)は、一般にはほとんど知られていないだろう。恥ずかしながら私もついこの間までは名前位しか知らなかったが、ラドスラフ・クヴァピルによるピアノ作品集を聴いて以来、色々聴き漁っている。録音はそこそこあり、当会会員数名に尋ねたところ、皆さん、ご存知だったので、チェコ音楽ファンの間では意外に名の通った存在なのかもしれない。

ヴォジーシェクは、1791年(モーツァルトの没年、ツェルニーの生年)にボヘミア東部のヴァンベルクで教師の息子として生まれ、プラハでトマーシェク、ウィーンでフンメルに師事した後、ウィーンで活躍し、宮廷第2のオルガニストの職を得た。音楽サロンに参加して交友範囲を広げ、特にベートーヴェン(1770-1827)を敬愛し、シューベルト(1797-1828)とも親交があったが、肺結核のため34歳で没している。

いくつか作品を聴いてみると、どれも明朗で才気に富み、かなり大胆な響きの工夫もある。この時代の作品には似たようなものが山ほどあるが、ヴォジーシェクには明らかな個性と独創性が感じられる。ただ陰影のある深みには少しだけ乏しいため大作曲家として歴史的な名声は得られなかったのだろう。

ヴォジーシェクの代表作はとにかく交響曲ニ長調だ。これは好事家向けの曲ではなく、この時代の専門家、安田和信氏も太鼓判を押す大傑作で、チェコでは既に標準的なレパートリーとなっているのか、アンチェル、ノイマン、ビエロフラーヴェク、マッケラス等、名だたる指揮者が録音している。私の手持ちは次の3点である。

1.ヘンゲルブロック/ドイツ・カンマーフィルハーモニー (1996、Deutsche Harmonia Mundi)
2.アンチェル/チェコ・フィル(1951、Supraphon)
3.ノイマン/Virtuogi di Praga (1993、popron classics)

このうち1が入手容易な廉価盤で、丁寧な日本語解説が付いておりヴォジーシェク入門としては一番手頃だ。俊英ヘンゲンブロックの演奏はピリオド楽器(ただし木管はモダン楽器)によるもので、細部までピリリとエッジが効き、ドライな響きが炸裂する秀演だ。

しかし、近頃は2のアンチェル盤で聴くことが多い。既にロマン派に片足を踏み出しているせいか、モダンオケによる重厚で余韻のある響きの方がずっと聴きばえがするのだ。アンチェルの録音は少々古いが、アクセントの強い白熱のアンサンブルを聴かせ、パセティックな3楽章などまるでベートーヴェンのようだ。

3はチェコのマイナーレーベルによる録音でオケは寄せ集めによる室内オケと思われる。こちらも整った良い演奏だ。

この曲は、我が国では既にいくつかのアマオケが演奏していて隠れファンも多いようだが、プロオケが定期で取り上げたことはまだないようだ。演奏効果が高い作品なので、是非、ライヴで聴いてみたいのだが(叶うことならエリシュカの指揮で!)。

ヴォジーシェクを知るきっかけとなったピアノ曲も魅力的だ。手元にあるのは、クヴァピル盤(Regis)オルガ・トヴェルスカヤ盤(Opus 111)の2枚。曲目が重複しているので主要なピアノ曲は次の4曲なのだろう。

・ピアノ・ソナタ 変ロ短調 op. 20
・主題と変奏 変ロ長調op. 19
・幻想曲 ハ長調 op. 12
・即興曲 op. 7

このうち即興曲(Impromptu)は、シューベルトやショパン、フォーレによるものが有名だが、この曲が元祖で、鍵盤楽器の名手だったヴォジーシェクがロマン派のピアノ作品に影響を与えたことがわかる。クヴァピルの演奏は、ニュアンス豊かなタッチと心地よい音色が魅力的で感興豊かに奏でている。オルガ・トヴェルスカヤの演奏は、フォルテピアノの響きの効果を活かした演奏で、この語り口の上手さにも感嘆する。ヴォジーシェクのピアノ曲はロマン派の一歩手前に位置する曲で、その後のシューベルト、シューマン、ショパン等による名曲からすると少々あっさりしているが、丁寧な演奏で聴くとなかなか味わい深い佳曲なので、もっと弾かれても聴かれても良いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。