スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年のディスク10+1選

新年おめでとうございます。
今年も本サイトをよろしくお願いいたします。

さて、以下は毎年恒例で綴っている昨年に聴いたディスク(CD or DVD)の私的十選です。今年はCDのみ。順不同、昨年発売のものに限らず旧録音も含んでいます。

近頃、無駄にモノを溜め込むことは、それだけで疲れるものだとつくづく感じます。生来の蒐集癖から気になるモノを無暗に集めてしまうのですが、蒐集欲と消化力のバランスを崩している感があります。

以前は吟味して1枚1枚選んでいたCDも今は箱買いが当たり前。手軽に一気に揃うのは有難いがコレクションは膨らむばかり。10枚組の箱が1枚分の価格で入手できても、聴くための時間がそれだけ工面できるはずもない。

そして、とにかく箱モノは置く場所に困る。新たに購入したCDは居間のバッファスペースに収容後、書斎のCD棚に保管しますが、そこに一度しまうと大棚から探すのが億劫になってしまう。そこでよく聴くものもバッファスペースに仮置きするが、その容量を超えるとあちこちにCDが散乱し家人の文句も多くなる。それなりに分類管理したりするのだが、こうも雑多だとどうもうまくいかない。

そんな訳でなるべく無用なCDは早めに処分し、一度しか聴かないような半端なものを避け、絞った購入を心掛けているのですが、何が半端かというのは聴いてみるまで意外に分からなかったりもする。世評が高い名盤がすぐにお蔵入りになることもあれば、ワゴンセールで買ったマイナーな録音をいつまでも聴いていたりもする。趣味嗜好も若い頃とは随分変わってきていますね。

そんな中であれこれ漁った末に長く聴けそうなCDがこれらの十選です。


1.イヴォンヌ・ルフェビュール大全集(24CD)

昨年はピアノ関連の箱モノに収穫が多かったが、なによりこれ。フレンチピアニズムの粋を堪能しました。ドビュッシーやラベルなどフランスモノは無論、ベートーヴェンも素晴らしい。


2.ユージン・イストミン/協奏曲、ソロ録音全集(12CD)
3.バイロン・ジャニス/コンプリート・RCAアルバム・コレクション(11CD+DVD)


知る人ぞ知る米国の名ピアニストの録音がまとめて入手できたのは有難い。ヒストリカル好きとしてはフランス、ドイツ、ロシア等の欧州の演奏家に惹かれがちだけれど、米国往年の演奏家も素敵だ。華やかで洒落ていて、ラフマニノフは特に愛されたレパートリーのよう。思慮深いイストミン、強靭な意思が漲るジャニス、個性は全く違うが、それぞれに時代の香気が漂う。


4.アントニオ・ペドロッティ・イン・プラハ~チェコ・フィルハーモニー管弦楽団との録音集(3CD)

以前、実家に「展覧会の絵」のLPがあった。誰の演奏か分からなかったが、このペドロッティ&チェコフィルの録音でした。指揮者のポートレートを見て思い出し、妙に懐かしかった。往年のチェコフィルの音色によるラテン作品が意外に嵌まる。


5.ヤナーチェク:グラゴル・ミサ、アヴェ・マリア、他 ガードナー&ベルゲン・フィル、ベルゲン・フィル合唱団、ベルゲン大聖堂合唱団、他

ノルウェイー勢の透徹したアンサンブルによるグラゴルミサ。見事な演奏です。


6.エリーザベト・シュヴァルツコップ SP期のEMI録音全集(5CD)

オリジナルマスターテープによるせいかスクラッチノイズがなく、驚くほど良好な音質です。シュヴァルツコップファン感涙。


7.『リコーダーの芸術』 デイヴィッド・マンロウ、ロンドン古楽コンソート(2CD)

マンロウの名盤がオリジナーレから復活。特にこのCDは書き下ろしのライナーノートの充実ぶりが凄い。


8.バッハ:ミサ曲ロ短調(新校訂版) ラーデマン&フライブルグ・バロック管、シュトゥットガルト・ゲヒンガー・カントライ(2CD)

バッハ研究は日進月歩で、耳慣れない演奏家による成果が続々誕生している。NHKFM「古楽の楽しみ」で礒山先生が随時紹介して下さっているので有難い。


9.ブクステフーデ:オルガン作品全集 ビーネ・カトリーネ・ブリンドルフ(6CD)

ブクステフーデのオルガン曲は、こんなにも色彩豊かなのか。まさに壮麗。バッハの地味なプロトタイプみたいに思っていたのだが。


10.チャイコフスキー:交響曲第4番、ドヴォルザーク:弦楽セレナード ラドミル・エリシュカ&札幌交響楽団

「悲愴」もそうだったが、エリシュカのチャイコフスキーは、男のパッションを感じさせる硬派な音楽になっている。札響の奮闘に拍手!


プラス1:清水靖晃:NHK 土曜ドラマ「夏目漱石の妻」オリジナル・サウンドトラック

傑作ドラマのサントラ。清水靖晃によるバッハの編曲モノも愛聴している。どれも独特にほのぼのした温かみがあって気に入っています。

無題
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。