スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾高忠明、札幌交響楽団によるピーター・グライムズ

少々日を置いてしまったが、この日の感想はきちんと書き留めておかなければならない。

●札幌交響楽団 第511回定期演奏会 2008年9月 21日(日)14:30~

ブリテン/歌劇「ピーター・グライムズ」op.33(演奏会形式)

指揮:尾高 忠明

ピーター・グライムズ:福井敬(T)
エレン・オルフォード:釜洞祐子(S)
バルストロード:青戸知(Br)
ホブスン:三原剛(B)
スウォロー:久保和範(B)
アーンティ:小川明子(A)
姪1:鵜木絵里(S)、姪2:平井香織(S)
ボブ・ボウルズ:小原啓楼(T)
牧師:湯川晃(T)
セドリー夫人:岩森美里(Ms)
ネッド・キーン:吉川健一(Br)
札響合唱団、札幌アカデミー合唱団 、札幌放送合唱団(合唱指揮:長内勲)

副指揮:新通英洋、長田雅人

音楽監督の尾高さんが札響とこれまで積み上げてきたものを最大限に発揮した記念碑的な演奏会だった。地元、札幌でこれ程の演奏を聴けるとは本当に感慨深いものがある。

「ピータ・グライムズ」はブリテンの12作あるオペラの代表作である。
舞台は退屈な漁村。独り者の漁師ピーター・グライムズは徒弟を事故死させたことで、村人たちから少年虐待の疑念を持たれ疎外される。彼に理解を示すのは未亡人のエレンと船長のバルストロードのみ。村人たちが糾弾を強める中、不幸にも徒弟が再び事故死してしまった彼は絶望し、船とともに沖に沈む。

村人たちがピーターを追い詰めていく様はキリストの受難劇を思わせるが、彼は聖者でも一方的な被害者でもなく、疑われるだけの理由を持っている。彼の罪は退屈な日常と折り合いをつけている人々の中で夢を追ったことで、その依怙地さは酒場の村人たちの言行と対比される。単純な感情移入を許さない成熟したドラマ。これにブリテンは本当にクールな音楽を付けている。

男性歌手はタキシード、女性歌手は役柄に合わせた衣装をまとった演奏会形式の上演だった。適度に身振りを交えた演出に感興をそぐようなところはなく、むしろドラマの本質に意識を集中させ、聴き終えてみると、そういえばピーターはタキシードを着ていたのだなと思うくらい。今回、予習のためCDやDVDを鑑賞し当日に望んだが、優れた実演に接し、改めて発見が多かった。

キャストは皆一様に高水準で安定感があった。タイトル・ロールの福井敬は難しい役柄を繊細な表現で見事に歌い演じていた。ピーターは狷介で愚かで決して魅力的な人物ではない。しかし、凡人がささやかな夢に敗れる様には最後に泣けてくる。これが粗暴な面ばかりを強調する表面的な歌唱ならば決して感動は誘わなかったろう。釜洞祐子のエレンも落ち着いた声質で安定した歌唱。その他のキャストも、見事に「キャラ立ち」していて素晴らしいアンサンブルだった。

また、合唱は出番が多く、ドラマの上では主人公と対をなす重要な役だが、申し分の無い出来で素晴らしい迫力があった。2006年に結成された札響合唱団を軸に纏まったのだろうが、これも一朝一夕のものではない積み重ねの成果だ。

オケは終始クールな響きで大変な好演。一幕の間奏曲などは弦も管もピシッと決まっていて集中力の高さに聴いていて身が引き締まる思い。演奏会形式のためオケがピットに入っていないのも、ブリテンの透明感のあるテクスチャを味わうのに好都合だった。

それにしてもブリテンの劇的なセンスというのは大変なものだ。
例えば、第3幕。物語の主要なイベントは2幕でほぼ終わり、この幕にはほとんど何も起こらない。ただ夢破れたピーターが長いモノローグを歌うのだが、この時、オケは沈黙し合唱のみが影で響く。その後、ピーターに引導を渡すバルストロード船長の重いセリフには節も伴奏もない。しばしの沈黙の後に響く間奏曲の痛切なインパクトといったら! ひんやりした風の音、カモメの鳴き声、遠くで響く霧笛等、朝の海岸の光景が目に浮かぶようだった。CD等では何度も聴いたはずなのだが、この場面がこんなに深い印象を与えるとは思わなかった。

1998年の著作権切れ以降、ヤナーチェクは世界中のオペラハウスでちょっとした上演ブームになっているが、次は確実にブリテンだと思う。今回のような演奏会形式での上演では、ブリテン独特の音楽性や演劇的なセンスをかえって純粋に味わえるかもしれない。

客入りは9割程度。知人に当日の感想を話したところ「ピーター・グライムズって?」という反応だったから、私が思っているよりずっと地味な演目だったのだろう。それにしては興業的にも大成功と言ってよいのではないか。合唱関係者の他、翌日のウィーンフィル来日公演を目当てに道外から来たお客さんもいたのだろう。しかし、これだけの内容なら、次は札響を聴きに来よう思った方もいたにちがいない。札響はこの調子でオケ界の旭山動物園になって欲しいものだ。kitaraという立派な拠点もあるのだし。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

Pilsner

Author:Pilsner
発話旋律 "Speech Melody"
日本ヤナーチェク友の会公式サイト管理人Pilsnerのブログ
チェコ音楽を中心にした音楽雑記帳です。
The blog by the chief manager of Janáček Association Japan
http://twitter.com/#!/janacekjapan

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Visitors
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。